Googleペナルティのチェック確認・解除方法と原因まとめ

Googleペナルティのチェック確認・解除方法と原因まとめ

Googleペナルティかチェックし、原因を突き止め、ペナルティを解除することが大切です。

今回は、Googleペナルティのチェック確認方法、解除方法、Googleペナルティの原因について中心に解説したいと思います。

Googleペナルティとは

Googleペナルティとは、Google公式の「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」に違反してサイト構築を行った場合に課せられるペナルティのことです。

Googleペナルティは、ホームページの検索順位に悪影響(順位下落、インデックス削除)をもたらし、お問合せ数、申し込み数などの売り上げにも影響を及ぼします。

Googleペナルティは、最も重いペナルティ「手動ペナルティ」、「自動ペナルティ」の大きく2種類に分かれます。

Googleペナルティのチェック確認方法

Googleペナルティは、以下のようチェック確認する方法があります。

  • サーチコンソールで確認する方法(手動ペナルティ) サーチコンソールの「メッセージ」もしくは、「手動による対策」から確認することが可能です。
  • 自力で確認する方法(自動ペナルティ) 順位下落、インデックス削除された時期で、自動ペナルティを受けてるか判断する形になります。(自動ペナルティは、サーチコンソールに警告メッセージが届きません)
    この場合、サイトの中身を自分で調査し、コンテンツやリンクを改善しながら、ホームページを更新することが必要です。

 


①サーチコンソールにログイン後、左メニューの「検索トラフィック>手動による対策」をクリックします。

②手動ペナルティを受けてなければ、以下のよう「手動によるウェブスパム対策は見つかりませんでした。」と表示されます。

不自然なリンクのペナルティは、ほぼ解除できますが、元の順位に戻れるかは、保証できないということです。

このように、手動ペナルティ解除されるまでの期間はサイトによってさまざまで、中には90日後や1日後などのパターンもあるようです。

 

Googleペナルティでダメになったドメインの変更について

Googleペナルティによりダメになったドメインを変更して、新規ドメインで運用する場合以下の点に注意しましょう。

・コンテンツをそのまま新サイトへ移動しない サイトの移転としてGoogleに自動的に認識される可能性があるため 301リダイレクトしていなくても、サイトが移転したと判断できればサイト移転として処理することがある。

  • 301リダイレクトしない ペナルティも新しいサイトへ受け渡すため
  • meta refresh タグを使用しない 301リダイレクトとして処理されることがあり、ペナルティによる低評価を受け継ぐ可能性があるため
  • 中間ページを利用しない Pagerankは直接引き継がないが、完璧な方法とは言えないため
    例えば、移転したことを通知するページへいったんリダイレクトし、そのページから新ドメイン向けたリンクを張るなど
  • avaScriptリダイレクトを利用しない JavaScriptによるリダイレクトもGoogleは処理でき、ペナルティも新しいサイトへ受け渡すため

Googleペナルティ原因について

Googleペナルティを受ける原因として、以下が多くみられます。

  • 質の低いコンテンツある ユーザーにとって価値のないコンテンツ(コピーコンテンツや内容の薄いコンテンツ)がサイトに存在することが原因で、Gogoleペナルティを受ける
  • 質の低いリンクある リンク元(被リンク)やリンク先(発リンク)ページの質が低く、低品質なリンクがサイトに多いことが原因で、Googleペナルティを受ける

Googleペナルティ診断について

Googleペナルティかどうか診断・判定するには、以下のような方法があります。

  • サーチコンソールに届く、警告メッセージを確認する サーチコンソールの「メッセージ」「手動による対策」メニューから、警告メッセージが届いてないか確認し、Googleペナルティを診断する方法
    警告メッセージが表示されてれば、手動ペナルティとなります。
  • インデックス削除されてないか確認する Googleコマンドの「サイトコロン(site:)」や「タイトルタグ」「URL」で直接Google検索し、該当のサイトが検索結果に表示されてるか(インデックスされてるか)確認し、Googleペナルティを診断する方法
    表示(インデックス)されてなければ、Googleペナルティの可能性が高まります。

GoogleペナルティとSEO対策

Googleペナルティを受けながら、いくらSEO対策しても順位上昇は期待できません。

SEO対策で順位上昇を目指すには、まずGoogleペナルティの原因を突き止め、その内容に合わせてサイトを改善することが大切です。

  • 手動ペナルティの場合、サイト改善後、再審査リクエストし、ペナルティ解除後、SEO効果が出やすくなる。
  • 自動ペナルティの場合、サイト改善後、順位回復の兆候が見られればペナルティ解除されてることが期待でき、SEO効果が出やすくなる。

上記のよう、ペナルティ解除されたタイミングを見計らいながら、SEO対策を進めることが大切です。

まとめサイトに対するGoogleペナルティ

2017年3月に、ガイドライン違反の「まとめサイト」中心にGoogleペナルティを課し、該当サイトの検索順位を強制的に下げたことが公に話題となりました。

ネット検索大手グーグルが、同社のガイドラインに反する不適切な手法で検索結果の表示順位を引き上げたとして、企業サイトやまとめサイトの順位を強制的に下げるペナルティーを相次いで科していたことが分かった。ペナルティーは、多数の上場企業にも広がっている。

※引用元:グーグル、検索順位の強制下げ続々 不適切な手法横行で:朝日新聞デジタル

まとめサイトへの制裁の約1ヶ月前(2017年2月3日)に、「低品質なサイトへの対策」を公言しており、Googleが検索品質向上にさらに本格的に乗り出した時期とも言えます。

Googleペナルティ回復に役立つツール

Googleペナルティを受けると、サイト順位が下落し、最悪検索結果に表示されなくなります。

このような事態の回避・改善に役立つおすすめSEOツールと、弊社のおススメも合わせ9つ紹介してますので、ご参考ください。

関連記事

まとめ

Googleペナルティを解除し、Googleガイドラインに沿ってサイト構築することが大切です。

コンテンツ・リンクを最適化し、評価されやすいサイトにしながら、順位上昇を目指しましょう。

順位が上がらないのは、何が原因??

順位決定の仕組と、

サイトの問題点をアドバイス(無料)

関連記事

  1. 小規模事業者持続化補助金が始まりました。

  2. WEBコンサル

    ゴール地点をお問い合わせ にするのか、注文にするのか???

  3. PRポスター

    〇〇〇のしごと塾

  4. お支払い方法の追加のお知らせ

  5. SEOとは

  6. LINE@

    ライン@(line@)ってなに?